このページの先頭です

スカルプシャンプーって?!育毛効果や正しい使い方を徹底解説

36views

投稿日:

スカルプシャンプーとは

育毛効果

薄毛や抜け毛対策を目的とした育毛シャンプーのなかでも、とくに頭皮環境の改善に役立つ製品がスカルプシャンプーと呼ばれています。そして、スカルプシャンプーなどの育毛シャンプーには基本的に「アミノ酸系界面活性剤」と呼ばれる成分が含まれています。

一般家庭の多くが使用する市販の安いシャンプーには「石油系界面活性剤」と呼ばれる成分が含まれていますが、この成分は洗浄力が強すぎるため頭皮の皮脂をほとんど洗い落とします。頭皮は皮脂と汗の混じりあった膜によって紫外線などの刺激から守られているので、皮脂の大半を洗い落とすと刺激に弱い状態になります。

そのため炎症などの肌トラブルが起きやすくなるため薄毛や抜け毛などが進行しやすくなります。しかしアミノ酸系の界面活性剤は頭皮の保護に必要な皮脂を残した上で余分な皮脂や汚れなどを洗い落としてくれるので、頭皮環境を健全な状態に守る効果が得られます。

スカルプシャンプーに含まれる成分

ノコギリヤシ

ノコギリヤシには男性ホルモンの生成を抑える作用があります。そのため、薄毛や抜け毛を引き起こす最大の原因といわれるAGA(男性型脱毛症)の原因物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を妨げて、症状の進行を抑制する効果を発揮します。

ホホバ油

ホホバ油にはビタミンB群やビタミンE、亜鉛などの頭皮に良い様々な栄養素が含まれています。さらに頭皮の保湿にも優れた効果を発揮するので薄毛や抜け毛対策に役立ちます。

不飽和脂肪酸

体内の不飽和脂肪酸が不足すると抜け毛が増加します。しかし食事から摂取すると皮脂の過剰分泌に繋がるおそれがあるため、薄毛や抜け毛対策には少量の不飽和脂肪酸を育毛シャンプーや育毛剤などから頭皮に供給することが効率的だと考えられています。

アミノ酸

頭皮環境に悪影響を与えずに、余分な皮脂や老廃物などの汚れを除去する効果を発揮します。様々な種類が存在しているので、製品ごとに違うアミノ酸が配合されています。

グリチルリチン酸

頭皮を殺菌することで炎症を抑制する効果を発揮します。そのため頭皮のかゆみやフケなどの症状を改善できます。

カンカエキス

カンカエキスには血管を拡張する作用があるので、髪の毛の成長に必要な栄養分や酸素の供給を促進できます。さらに毛乳頭細胞を活性化する作用も持つため、毛母細胞の分裂を促して髪の毛の成長を促進する育毛効果も発揮します。

スカルプシャンプーの使い方

洗髪

最初はブラッシングを行います。洗髪する前に毛穴に詰まった皮脂や汚れを掻き出すことで、スカルプシャンプーに含まれている有効成分が頭皮に吸収されやすくなります。次にお湯だけで洗髪する予洗いを2分ほど行います。

予洗いをすることで髪の毛や頭皮に付着した汚れや皮脂の大半を洗い落とせる上に、スカルプシャンプーを使用した本洗いの際に泡立ちが良くなる効果を得られます。そして、指を立てて予洗いや本洗いを行うと爪で頭皮を傷つける可能性があるので、柔らかい指の裏側を使って揉みほぐすように頭皮を洗います。

それによって頭皮を守れる上に頭皮の血行を促進できるので、薄毛や抜け毛の改善に役立ちます。そして本洗いの後は、2〜3分かけてすすぎ洗いを行います。頭皮にシャンプーが残ると、毛穴に詰まったり雑菌を繁殖させて頭皮環境を悪化させるおそれがあるので、薄毛や抜け毛対策にはしっかりシャンプーを洗い落とすことが大切です。

ドライヤー

髪の毛を洗髪後に濡れたまま放置すると、頭皮に雑菌が繁殖するため薄毛や抜け毛の原因に繋がります。そして髪の毛の外側にあるキューティクルという部分が摩擦で簡単に剥がれ落ちるため、髪の毛の内部にある水分が流出してパサついた状態になってしまいます。

そのため洗髪後は髪の毛を乾かすことが大切です。最初にタオルドライを行って、髪の毛の水分を吸水させてからドライヤーの温風を当てます。そしてキューティクルは小皿を重ねたように内側から外側へと開いた形状をしているので、その向きに合わせて温風を当てることが大切です。

またドライヤーを頭に近づけすぎると髪の毛や頭皮が乾燥しすぎるので、20〜30センチほど離した位置からドライヤーの温風を当てる必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です