このページの先頭です

薄毛対策の基本は頭皮ケア!スカルプシャンプーの基本情報を解説

147views

投稿日:

スカルプシャンプーの基本情報・1

スカルプシャンプーとは?

スカルプシャンプーとは、従来のシャンプーのように髪の毛を綺麗にすることだけを目的にした製品とは違い、「スカルプケア(頭皮ケア)」に着目して作られた育毛シャンプーです。そのため、頭皮環境の改善や健康維持に役立つ成分が多数配合されており、薄毛を引き起こす原因である頭皮トラブルを改善する効果が得られます。

スカルプシャンプーの特徴

スカルプシャンプーの主な特徴は以下のとおりです。

適度な皮脂を残してくれる

頭皮の皮脂は過剰に増加すると毛穴に詰まったり頭皮の炎症を引き起こすことで薄毛を進行させます。しかし皮膚には汗と混じって頭皮を覆うことで紫外線や空気中の汚れといった外部の刺激から頭皮を守るバリア機能の役割を果たしています。

したがって、頭皮が極端に減ったりなくなった状態になると、頭皮が外部の刺激にたいして無抵抗な状態になります。その結果、頭皮トラブルが起きやすくなるので、薄毛や抜け毛が進行する可能性が高まります。

ですから頭皮には適度な皮脂が必要ですが、一般的なシャンプーは洗浄力が強すぎるので頭皮の皮脂を過剰に洗い落としてしまいます。そのため頭皮が刺激に弱くなったり、頭皮の乾燥を補うために身体が皮脂を過剰分泌することで薄毛や抜け毛が進行する場合があります。

しかし、育毛シャンプーであるスカルプシャンプーは頭皮の皮脂を取りすぎないように配慮された製品なので、適度な量の皮脂を除去して頭皮環境を理想的な状態に整えてくれます。

ノンシリコン

スカルプシャンプーは基本的にノンシリコンです。シリコンとは化学物質の一種であり、一般的なシャンプーの多くにはシリコンが配合されています。そしてシリコンの配合されたシャンプーは髪の毛をサラサラの状態に整えたり、髪の毛の光沢を増やして綺麗なキューティクルを作るなどの効果を発揮します。

しかし、このシリコンが毛穴に詰まって頭皮トラブルを引き起こすなど、薄毛や抜け毛を進行させる原因になる場合があります。そのため育毛シャンプーであるスカルプシャンプーは、基本的に頭皮環境を配慮してノンシリコンで製造されています。

したがってシリコンシャンプーよりも頭皮トラブルが起こりにくいので、薄毛対策に役立ちます。

スカルプシャンプーの基本情報・2

スカルプシャンプーの種類

スカルプシャンプーの主な種類は以下のとおりです。

アミノ酸系

頭皮ケアを考えて作られたスカルプシャンプーの多くがアミノ酸系のシャンプーです。アミノ酸は頭皮にやさしい成分であり、なおかつ洗浄力が強すぎないという特徴があります。したがって洗髪した際に皮脂を除去し過ぎずに、頭皮環境の維持に必要な最小限の皮脂を頭皮に残してくれます。

そのため、美容院の多くがアミノ酸系のシャンプーを使用するなど、頭皮環境を考慮した場合の第一の選択肢になるのがアミノ酸系のスカルプシャンプーです。ただし洗浄力が抑えめなので、整髪料を使っていたり皮脂分泌量の多い方は、二度洗いしないと十分に汚れがとれない場合があります。

石鹸系

石鹸系のスカルプシャンプーには、脂肪酸と動植物の油脂をアルカリで反応させた界面活性剤が使用されています。こうした天然素材で作られていることで、頭皮に使用した際にアレルギーが起きにくいことが特徴です。

また高級アルコール系に近い洗浄力を持ちながら、頭皮に与える負担が小さく洗い心地が良いというメリットがあります。したがって汗や皮脂分泌量が多くて、頭皮がベトベトしやすい方に向いているのが石鹸系のスカルプシャンプーです。

スカルプシャンプーの使用方法

スカルプシャンプーの主な使用目的は頭皮ケアによる薄毛対策なので、洗髪する際には髪の毛の洗浄以外に頭皮ケアを考慮する必要があります。そのため午後22時から2時のゴールデンタイムと呼ばれる、体内で成長ホルモンの分泌量がもっとも活発になる時間帯までに洗髪を終えて、頭皮環境を良い状態に整えておくことが大切です。

また洗髪する時に熱湯をシャワーを使い、指を立てた状態でゴシゴシと強く洗うと頭皮環境が悪化します。そのため洗髪にはぬるいお湯のシャワーを使用して、指の腹で優しく頭皮をマッサージするように頭皮を洗うことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です