このページの先頭です

薄毛・抜け毛対策にヘアケア!頭皮マッサージや洗髪の方法を紹介

47views

投稿日:

頭皮マッサージ

頭皮マッサージの効果

血行促進

頭皮マッサージが薄毛や抜け毛対策に役立つ理由のひとつが血行促進の効果です。頭皮の血流が悪化すると髪の毛の成長に必要な栄養分や酸素がスムーズに供給されないため、髪の毛が痩せ細って薄毛や抜け毛が進行します。しかし、頭皮マッサージを行って血行不良によって凝り固まった頭皮を柔らかくほぐすことで、頭皮の血管が柔らかくなり血行が改善されます。

ストレス解消

顔の中心線と耳から頭頂部へ向かう線の交わった、頭の頂点付近にある「百会(ひゃくえ)」というツボを刺激することでストレス解消の効果が得られます。「AGA(男性型脱毛症)」に次いで多い薄毛や抜け毛の原因である「円形脱毛症」の原因のひとつがストレスなので、頭皮マッサージでストレスを緩和することで円形脱毛症の予防や改善の効果が得られます。

頭皮の毛穴が緩くなる

頭皮マッサージを行うと頭皮の毛穴が緩みます。そのため、洗髪の時に皮脂や汚れなどが洗い落ちやすくなったり、スカルプシャンプーなどの育毛シャンプーに含まれる育毛成分が浸透しやすくなります。

頭皮マッサージの方法

頭皮マッサージは指を使って行いますが、指を立てると爪によって頭皮が傷つく可能性があります。したがって、指の腹を使って抑えつけた頭皮をゆっくり動かすようなかたちでマッサージを施します。先端の丸いブラシを使えば、ブラッシングによっても頭皮マッサージの効果が得られます。また、頭皮マッサージが気持ち良いからといって必要以上に長く行うと、頭皮にダメージが蓄積して翌日に痛みを感じる可能性があるので注意する必要があります。

育毛シャンプー

育毛シャンプーの効果

育毛シャンプーの主な特徴は頭皮環境を改善できる効果です。市販の安いシャンプーに含まれる「石油系界面活性剤」は洗浄力が強すぎるため、頭皮環境を維持するために必要な皮脂まで洗い落とします。そのため、頭皮が外部の刺激にたいして弱くなり炎症などの肌トラブルが起きやすくなる影響で、薄毛や抜け毛が進行する可能性が高くなります。

しかし、スカルプシャンプーなどの育毛シャンプーに含まれる「アミノ酸系界面活性剤」の場合は、頭皮環境の維持に必要な皮脂を残しながら余分な皮脂や汚れを洗い落とす効果を発揮します。

洗髪方法

育毛シャンプーを使ったヘアケアは、以下の順番で行います。

ブラッシング

最初にブラッシングを行って頭皮の毛穴に詰まっている皮脂や汚れを掻き出すことで、洗髪の時にこれらの汚れが荒い落ちやすくなります。またブラッシングによって髪の毛のもつれを取ることで、洗髪の際に髪の毛が指に引っ掛かり頭皮が痛むリスクを下げられます。

予洗い

予洗いとはシャワーのお湯だけで頭を洗う行為のことです。予洗いだけでも頭髪の汚れの8割ほどを洗い落とせるといわれています。また、髪の毛に浸透した水分がシャンプーの刺激から髪の毛を守る緩衝材のような役割を果たしてくれます。そして予洗いを行うとシャンプーの時間を短縮できるので、髪の毛や頭皮が受けるダメージを低下させる薄毛や抜け毛対策の効果が得られます。

本洗い

スカルプシャンプーなどの育毛シャンプーを使って洗髪します。頭皮に塗ってから泡立てるとシャンプーが毛穴に詰まって薄毛や抜け毛の原因に繋がる可能性があるので、あらかじめ手で泡立ててから髪の毛に塗ります。そして、頭皮を傷つけないように指の腹を使って髪の毛や頭皮を洗います。

タオルドライ

タオルドライとは、洗髪後の髪の毛の水分をタオルに吸水させる行為のことです。力をいれてゴシゴシとタオルドライを行うと摩擦で髪の毛が傷つくので、タオルドライはゆっくりと髪の毛にタオルを押さえつけるように行います。

ドライヤー

キューティクルの向きに沿って髪の毛の根本から毛先へ向けてドライヤーの温風を当てます。そして頭に近い位置から温風を当てると髪の毛や頭皮が乾燥し過ぎてダメージを受けるので、頭から20〜30センチほど頭から離した位置からドライヤーの温風を当てます。

また髪の毛の健康的な保水率は10%程度といわれているので、パサパサになる手前の少しツヤのある状態のときに温風を止めます。最後に冷風を当てて開いたキューティクルを閉じれば終了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です