このページの先頭です

洗髪で髪の毛が増える?!育毛シャンプーの効果と正しい洗髪を紹介

10views

投稿日:

育毛シャンプーについて

育毛シャンプーの特徴

一般家庭で使用されている安価なシャンプーの多くには、石油系界面活性剤と呼ばれる成分が含まれています。成分表に「ラウレス硫酸◯◯」「ラウリル硫酸◯◯」と表記されていれば、石油系界面活性剤が使用されているシャンプーだと考えられます。

石油系界面活性剤は低コストで高い洗浄力を発揮するので安価なシャンプーによく使用されていますが、洗浄力が高すぎることが原因で、薄毛を進行させたり抜け毛を増やす可能性もあるのです。

頭皮は、皮脂と汗が混ざり合って形成するバリアによって外部の刺激から守られていますが、石油系界面活性剤は洗浄力が強すぎるため、バリアを形成するために必要な最低限の皮脂を汚れと一緒に洗い落としてしまいます。そして無防備な状態になった頭皮が様々なダメージに晒され、薄毛が進行したり抜け毛が増加したりするのです。

しかし、育毛シャンプーには石油系界面活性剤ではなくアミノ酸系界面活性剤が配合されています。アミノ酸系界面活性剤は適度な洗浄力を持っているため、頭皮バリアを維持するために必要な皮脂を残しながら不要な汚れを洗い落としてくれます。

さらに髪の毛の成長に役立つ様々な成分が含まれているので、生活習慣の乱れなどが原因で起きる薄毛や抜け毛などを改善する効果を発揮してくれます。

育毛シャンプーの主な成分

アミノ酸系界面活性剤

頭皮のバリア機能を壊さずに不要な汚れを除去してくれる成分です。アミノ酸の種類によって「グルタミン酸系」「リン酸系」「イセチオン酸系」「タウリン系」「アラニン系」「グリシン系」「サルコシン系」などに分けられます。

グリチルリチン酸

グリチルリチン酸は鎮痛作用や殺菌作用、抗アレルギー作用などを持つ成分です。そのため炎症を抑制したり雑菌の繁殖を防ぐことで、薄毛や抜け毛の進行を防ぐ効果を発揮します。また雑菌の繁殖を防ぐことで、フケの増加や頭皮の悪臭なども防ぎます。

ノコギリヤシ

ノコギリヤシにはAGA(男性型脱毛症)を引き起こす5αリダクターゼと呼ばれる物質の働きを抑制する効果があります。そのためAGAの予防や改善に役立つと期待されている成分です。

ホホバオイル

頭皮が乾燥すると紫外線などのダメージを受けやすくなるため、薄毛や抜け毛が進行します。一方、ホホバオイルには頭皮の乾燥を防止、頭皮を柔らかくしてくれる効果があるため、髪の毛の成長を妨げる原因となる、毛穴に詰まった汚れの除去にも役立ちます。

正しい洗髪について

洗髪方法

最初にブラッシングをするとシャンプーの泡立ちが良くなります。またブラッシングにより頭皮の血行が改善されるため、薄毛や抜け毛の予防にも役立ちます。次に予洗いという、お湯だけを使った洗髪を行います。2~3分の予洗いを行えば頭髪や頭皮に付着した汚れの大半を洗い落とせます。

予洗いを行うと洗髪に使用するシャンプーを減らせるので、大量に使用したシャンプーが毛穴に詰まって薄毛や抜け毛を引き起こすリスクを低減できます。本洗いはワンプッシュで出る程度の少量のシャンプーで行いますが、ロングヘアの場合は2~3プッシュのシャンプーを使用します。

シャンプーを髪の毛に直接付けると成分が頭皮に詰まるリスクがあるので、あらかじめ手のひらで泡立ててから髪の毛に付けることが大切です。また指を立てて洗髪すると爪で頭皮を傷つける場合があるので、指を寝かせた状態で揉みほぐすように洗髪します。洗髪後に頭皮にシャンプーが残っていると薄毛や抜け毛の原因に繋がるので、数分かけて丁寧にすすぎを行いましょう。

ドライヤー

洗髪後はタオルを使って髪の毛の水分を吸い取ります。ゴシゴシこするとキューティクルが剥がれ落ちるので、タオルを優しく押し付けるようにして水分を吸い取ります。その次にドライヤーを使用しますが、ドライヤーと頭の距離が近すぎると温風が頭皮にダメージを与える場合があります。

頭から20~30cm程度離した場所から温風を当てることで、頭皮にダメージを与えずに髪の毛を乾かせます。同じ箇所に集中して温風を当てると熱が蓄積して頭皮がダメージを受けるので、ドライヤーを左右に振りながら乾かしましょう。また髪の毛を乾かしすぎるとパサパサになるので、少し湿り気を残すことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です