このページの先頭です

有効な成分が入っていない?育毛シャンプーはここをチェック!

164views

投稿日:

育毛シャンプー選びの際のチェック事項

アミノ酸系の界面活性剤が配合されている

シャンプーは、「水」「界面活性剤」「防腐剤」の3種類を主な成分としており、そこにシリコンや着色料、香料といった成分を追加してさまざまな種類のシャンプーが作られています。界面活性剤にはさまざまな種類があり、含まれる種類によって洗浄力の強さや肌との相性が変わってきます。

一般的なシャンプーに良く含まれているのは、高級アルコール系、石鹸系に分類されるものが多く、泡立ちが良くしっかり洗える気持ちよさが特徴です。ただ、肌の弱い人には刺激が強すぎるため、薄毛や抜け毛で悩んでいる人にはお勧めできません。そこでおすすめなのが、弱酸性でお肌に優しい「アミノ酸系」となります。

アミノ酸系の界面活性剤が使われているシャンプーには、グリシンやメチルアラニン、グルタミン酸、メチルタウリン、サルコシンなどの成分表記があります。

高級アルコール系の界面活性剤が使われているシャンプーには、ラウリル硫酸ナトリウム(Na)やラウレス硫酸ナトリウム(Na)といった表記があります。

頭皮の環境を整える成分が配合されている

育毛シャンプーとはいえ、使用すれば毛が生えてくるわけではありません。育毛シャンプーはそもそも髪が生えやすいように、頭皮の環境を整えることを目的としています。健康的な髪が育つためには、頭皮の毛穴の汚れや皮脂をしっかりと取り除き、頭皮の血行を良くしてあげなくてはいけません。環境が整わない頭皮にいくら栄養を補給しても、毛は生えてこないのです。

そこで育毛シャンプーを選ぶ際には、頭皮の環境を整える成分の配合も必要です。ここではその一部をご紹介します。

グリチルリチン酸

グリチルリチン酸は、甘草エキスのことを指し、表記によってはグリチルリチン酸2Kジカリウムと表記されることもあります。鎮痛作用・解毒作用の他、抗アレルギー作用などがある漢方薬として有名で、頭皮に対しては炎症抑制効果や抗菌・殺菌効果が期待できます。

ローズマリーエキス/精油

ローズマリーエキスには抗菌作用や抗酸化作用、消炎作用が期待できます。かゆみやフケなどの症状を抑え、頭皮の環境を整える効果があります。

セイヨウアカマツ珠果エキス

血行促進作用や充血緩和作用があり、頭皮の炎症や吹き出物などを抑えるほか、頭皮を引き締める効果が期待できます。

保湿成分が配合されている

植物から抽出される天然オイル「ホホバオイル」は、安全性が高く肌になじみやすい利点を持つほか、保湿効果やアンチエイジング効果が高いといわれています。

このホホバオイルを配合している育毛シャンプーを使用すれば、頭皮の乾燥やフケの予防・改善にとても有効に働いてくれるでしょう。この他にも馬油やオリーブオイル、アロエエキスなどの保湿効果が期待できる成分です。

添加物の有無

シャンプーに含まれる添加物にも注意が必要です。大きく分けると人工成分と天然成分の2つに分けられますが、人工成分の添加物は頭皮に負担がかかることが多いようです。最近ではほとんどのシャンプーに配合されているようですが、なるべく成分表示の下の方に記載されているか、あまり配合されていないものを選ぶようにしてください。

配合されていない方がよい人工添加物は、シリコンやエタノール、合成香料/着色料、防腐剤(パラベン)といったものです。

AGA(男性型脱毛症)の原因を抑制する成分を含んだ育毛シャンプー

頭皮の環境を整えてもなかなか育毛効果が得られない場合、原因は他にあるかもしれません。

薄毛の原因としてあげられている一つに、AGA(男性型脱毛症)というものがあります。このAGAの原因は、「5αリダクターゼ」という物質が男性ホルモンと結びついて出来てしまう、DHTがもとになっているといわれています。つまり、この5αリダクターゼを阻止することで育毛を促す効果が期待できるわけです。

5αリダクターゼを阻害出来る成分

  • オウゴンエキス
  • チョウジョウキス
  • ヒオウギ抽出液
  • ビワ葉エキス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です